あばモゲてる一家の波乱万丈奮闘記

父性が目覚めてきた父ちゃんあばば、口の悪い(悪いのは口だけか?笑)母ちゃんモゲ、自閉症スペクトラムの息子てるのブログ

【育児】貴方のライナスの毛布【ブランケット症候群】

f:id:abamogeteru:20190323034247j:plain

こんばんは!モゲです。
貴方には、ずっと離せないタオルやぬいぐるみ、タオルケット等ありますか?


モゲは30代にしてなお子供の頃から手放せない毛布があります。
もう、相棒の様な存在です。
「毛布ちゃん」っつー名前のぼろぼろの毛布です。


親友パパスには、牛のぬいぐるみの「もーちゃん」がいます。
大阪に旅立つ時も大事そうに持っていっていました。


そして息子には、親友パパスから私の誕生日プレゼントで頂いたウサギのぬいぐるみ、「うさ」がいます。
寝室に置いていますが、寝室に息子を連れていくと必ず1番最初に抱きしめて「うっきゃぁぁぁぁ」と言いながらスリスリしています。

寝るときもずっと一緒です。

耳を噛むので、耳が汚れてきています。
足の部分をギュッギュッギュッギュッにぎにぎしながら眠りに付きます。

毎晩「うさ」と母ちゃんのサンドイッチです。



この現象、ライナスの毛布と言われています。
スヌーピーをご存じの方は、ライナス君が、肌身離さずズルズルと毛布を引き摺っている様子を思い浮かべて頂けると思います。

私の様に、ある特定の物がないと眠れない!という所までくるとブランケット症候群と言われてしまうそうです。


ライナスの毛布の心理学【実はあなたの身の回りにもあふれてる】 | ぬいぐるみ心理学


愛情不足が原因??ぬいぐるみやタオルが手放せない「ブランケット症候群」とは? | ままのて



愛情不足からくる抗不安材の作用があるとよく目にしますが、ブランケット症候群の私からするとそれはちょっと違うかなぁと思っています。
友達みたいな感覚というか、ホッとするというか。リラックスできる場所だよ!みたいな。動物の縄張りのマーキングに近いような感覚です。

無理に引き離すのはよくないみたいです。

これは本当!!マジでガチで辞めて!
勝手に棄てたり、勝手に洗ったり、他者から乱暴に扱われたり、隠されたりとかされたら悲しいです。
というか、上記の事をした人が嫌いになるレベルです。
自然にお別れする時がくるまでほっといてあげて欲しい。


あまりにもドロドロに汚れてしまった時は事情をしっかり話して洗濯する様にしてあげてほしい。(めんどくせぇと思うかもしれないが…それくらい大事な物なんだよ…)


あばばは、その様な物が幼少の頃から無かったそうです。
だから、私の「毛布ちゃん」を付き合いたての頃、踏んだりしてました。

もちろんキレたよ。
気持ちがわかんねぇ糞野郎がっ!!ってね。

人それぞれなんだなぁ…


息子の「うさ」はいつまで息子の相棒でいるかわからないけど、自分の経験を踏まえて見守っていこうと思っています。

幸せそうで母ちゃんも微笑ましいよ。
だが、「うさ」の耳はぼちぼち洗わせてもらうぞ…
自分の匂いや歯形、感触をリセットしちまうけど、すまねぇな…許してくれ…

あなたの豚クリックで息子のミルク代の糧になります!応援よろしく!


育児グッツの在庫足りてる?

早め早めの注文が大事